トレンドニュース

吉野家から28年ぶりに新メニュー(サイズ)の牛丼が登場!『超特盛』と『小盛』さらに税別表記は増税対策?

いやぁ、僕の大好きな吉野家からついに新メニューが登場しましたね!

新メニューというか新サイズと言った方が正しいのかもしれませんが、『超特盛』と『小盛』が登場したことにより・・・

どうなるんでしょう?

あまり多く食べれない女性やお年寄りの方が小盛を選んで育ちざかりの若者が超特盛を選ぶんですかね?

ちなみに僕はこれからも変わらずに大盛に生たまごで押し通すつもりっす!

今回登場したのは『超特盛』と『小盛』共に需要はどこにあるのか?

まずは元気いっぱいの『超特盛』

  • 牛肉は大盛の2倍
  • ご飯は大盛・特盛と同じボリューム
  • 値段は780円

正直、僕は食べきれる自信がないっす。。。

お次は小食な方?や女性やご年配の方?向けの『小盛』

  • 牛肉は並盛の4分の3
  • ご飯はお茶碗一杯分
  • 値段は360円

これ、書いてて気づいたんですけど実は女性やご年配の方むけとかじゃなくて、定食食べてももうちょい食べたいなぁという方にプラスして食べてもらおうとしてるんじゃないんですかね?

ラーメン屋でいうとミニチャーシュー丼的な。

牛丼にセットで小盛牛丼みたいな?

いやぁ、本当に牛丼が大好きな人ならありえますよね?

ちなみに僕は多分ですけど、しないと思います(笑)

最初に言いましたが、僕は今後も大盛りに生たまご派ですから!

スポンサーリンク

今回の発表に対してネット上での評判や評価は?気になるカロリーは?


ふむふむ、実は僕も分かっていたんですけど超特盛を頼むよりも並盛を2杯頼んだ方が実はたくさん食べれるんですよね。。

まぁ、さすがに並盛のご飯を2杯食べれる人は本当に少数派なんだと思いますが、発想が凄いですよね!

そして気になるカロリーはどうなる?

というところは、カロリーは非公表みたいです。

カロリーを気にするなら牛丼は食べちゃダメってことですな!

いや、本当にその通りだと思います。

https://hdklife.com/archives/761

価格を税抜き表記にした理由は『持ち帰り』を考慮した増税対策?

もう一つ気になるのは、やはり表記を税込みから税抜きに変えたことですね。

これはどういう事かというと、今年の10月に予定している消費税率の引き上げの影響で、今までの税込み表記にしてしまうと、同じ牛丼でも持ち帰りと店内飲食で違う金額になってしまうからなんですね。

  • 店内飲食⇒消費税10%
  • 持ち帰り⇒消費税8%

ということになるからです。

ですが、今までは税込みの金額のみを記載していたのですが、これからは税抜きの金額と今までと同じように税込みの表記も載せるということなので、政務からの義務化に対してもちゃんと対応しているってことですね。

あくまでも、店内で食べようが持ち帰りにしようが牛丼の金額は一緒ですよ!って強く言いたいんですよね?

うん、分かります!

まぁとりあえず明日は間違いなく僕は吉野家に行こうと思います。

え?もちろん大盛りに生たまごですよ。

それでは今回はこの辺で失礼します!

スポンサーリンク