トレンドニュース

日本海溝沿いで90%の確率でM7級の大地震が発生?!津波や揺れに警戒が必要と予想している!

また恐ろしい情報が入ってきました・・・

国の調査機関である『地震調査委員会』が日本海溝沿いで津波を引き起こす大地震が30年以内に90%の確率で発生すると見直す発表をしているのです。

南海トラフの危機が去っていない状況にまたこのような恐ろしい予測がされているのは本当に怖いですね。

まだ発表されて間もない状態なので細かい情報は出揃っていないようですが、個人的に色々と調べたことを書いていきます!

政府が正式な発表として90%の確率で30年以内に大地震と津波の危険を予測

なぜ今回このような発表がされたのか?

それは、それだけ危険な状態にあるということを理解して欲しいからだと僕は思います。

最近個人的に地震に関しての情報収集をしているので、今回このような発表がされたことで本当に今日本は危険な状態にあるのでは?と思ってしまいます。

発表された内容にも書いてありますが、再び高い津波が来ると予測して備えを固めて欲しいと言っていますので、過去の経験を活かしてしっかりと対策をして欲しいものです。

スポンサーリンク

大地震がいつ来てもおかしくないと再認識する必要があります

今回このような発表をした理由の一つに『地震がいつ来てもおかしくないから備えをして欲しい』というメッセージがありますが、本当にこれはその通りで、僕がいつも言っている備えあれば患いなしということを再度心に刻んで欲しいのです。

特に地震の影響があると言われている場所に住んでいる方は、過去に辛い思いをした人も少なくないはずです。

辛い経験を次に活かせればと思います。

政府の発表によると30年以内と言っていますが、これは逆に明日来てもおかしくないということなので、安心するのはNGですからね?

もちろんだからと言って今出来ることは限られていると思いますので、思いつめる必要もないので勘違いしちゃダメですよ!

とにかく、今後また新しい情報があれば発表があると思いますし、僕も最近はなぜか地震に関しての情報は敏感に反応するようにしているので、僕の方でも何か新しい情報を入手したらまた記事にしていきたいと思います。

https://hdklife.com/archives/542

日本海溝付近の海域でM7級の地震が90%の確率で発生まとめ

まだまだ情報不足で大した内容は書けていませんが、とにかく今分かっているのは日本が危ないということです!

今回の発表で東日本の危機、南海トラフ地震による西日本の危機、そして富士山の噴火による関東の危機。

いったいこれからどうなってしまうのか不安で仕方ないです。。。

でも、僕らに出来るのは地震に備えて今出来ることを全力で行う!

ってことですね。

それでは今回はこの辺で失礼します!

今時の最新『地震対策』とは?緊急速報やグッズ、非常食料だけじゃ危ない理由まとめ地震大国と言われている日本に住むなら絶対に意識しなくてはいけない『地震対策』。 地震速報でいち早く情報が入ってくればもちろん避難は...
スポンサーリンク