トレンドニュース

今時の最新『地震対策』とは?緊急速報やグッズ、非常食料だけじゃ危ない理由まとめ

地震大国と言われている日本に住むなら絶対に意識しなくてはいけない『地震対策』

地震速報でいち早く情報が入ってくればもちろん避難はしやすくなります。

でも避難出来れば良いのでしょうか?

非常食を持っていればOKなのか?

僕の考えはNOです!

では、僕が考える本当の地震対策は何なのか?をご説明していきます!

防災グッズや地震速報による情報収集だけでは足りないのですっ!

何度かここでも言っていますが、僕の家の玄関には常に防災グッズが常備してあります。

ちょっと前まではこれで大丈夫!準備万端だ!

と、思っていたのですが実際にはそれは間違いだと教えられたのです。。。

友人「防災グッズとか地震速報も良いけど、震災後はどうするの?」

僕「えっ?!いや・・・えっ?ダメなの??」

確かに地震速報で揺れる直前に情報をキャッチ出来れば、それだけ早く行動に移せます。

そして防災グッズと非常食があれば、震災後はしばらく寒さや飢えをしのぐことは出来るんです。

でも・・・

その後の生活はどうなるのか?

例えば自分の家が地震によってなくなってしまったら?

ここ数年で悲しいことですがそういった経験をしている人は少なくありません。

そして、大きな地震によって多くの方がそういう状況になってしまうと、国などの支援が十分かと言うと、最近の傾向を見ると安心とは言えない状況なのも事実なのです。。。

https://hdklife.com/archives/761

家を失う最大の理由は、地震ではなく火災が大半という事実

実は阪神淡路大震災や東日本大震災で多くの方が家を失っていますが、それは地震ではなく地震の後に発生する火災による被害が多いんです。

そしてその多くは電気が原因と言われています。

地震の揺れに伴って電気機器からの出火や、停電が復旧した際に漏電等によって出火したというケースは実はかなり多いようで、東日本大震災の時の火災も実は54%が電気系統からの出火だったらしいのです。

なので、地震が発生したら必ずブレーカーを落とすという事を忘れてはいけません。

しかし、地震が発生してすぐに避難をしなくてはいけないので、そのひと手間が出来ないというのも事実のようで・・・

そんなことを調べていたら凄くよい『新発明』と言えるものを発見しました!

家族を震災から守る防災グッズ!【スイッチ断ボール】

これ、 原理だけを見ると単純なようですが、実はテレビでも紹介されているようで、実際に導入している人は結構多いようなんです。

しかも値段が安いのがありがたいですよね!

僕も導入をしてみようと思いますが、実際に使われることがないことを祈りたいですな。

スポンサーリンク

そして絶対に入るべき『保険』ですが、意外な落とし穴に注意が必要!

僕も最近友人から言われて目からうろこだったんですけど、やはり防災グッズだけじゃダメなんですよね。

しっかりと災害に対する保険に加入しないとダメなんですよ。

東日本大震災の時もそうでしたが、大勢の人が被害にあっていたらそれだけ対応が遅れてしまうのも事実なのです。

だからこそ、しっかりとした『保険』に加入する必要があるんです。

しかしっ!!

ここで注意しなくてはいけないのは『どの保険に入るのか?』なのです。

なぜなら、例えば火災保険に入ったとしますよね?そうすれば、先ほども言ったように地震の後の火災でも安心!って思う人が実は多いのですが・・・

火災保険は地震による損害は補償されないんです。

これは実際に東日本大震災のときも裁判になっていたようで、地震が発生して数日後に火災になったから、火災保険金の支払いを求めたんですが住民の主張は受け入れられずに火災保険金が支払われなかったという事実が発生しているんです。

もちろん、規約にはしっかりと明記してあったのでしょうが、なんとも悲しい結末ですよね。。。

だからこそ、保険に加入するならしっかりと内容を確認して、保険が何を補償してくれるのか?

どういった場合に保険金がもらえるのか?

そして自分が希望している補償を受けるにはどの保険に入ればいいのか?などなど

ちゃんと調べないとダメってことです。

今時の最新地震対策とは?まとめ



基本中の基本と言える『防災グッズ』の他に、今時の最新地震対策と言いたい『保険への加入』ですが、これは本当に色々と調べてから加入する必要があるというのをご理解いただけましたでしょうか?

実は僕はまだ加入していないのですが、その理由は先ほどいった『落とし穴』にはまらないように慎重に選んでいるからなんです。

まぁ、最近言われて探し始めたばかりってのもあるんですけどね・・・

とにかくっ!

防災グッズだけで満足しちゃいけませんよ?

ちゃんと合わせ技でしっかりとした保険に加入する必要があるので、色々と熟考してみて下さい!

でも、そんなにのんびりもしていられない状況なのは他の記事でもさんざんお伝えしているので、そこも一緒にご理解下さいね!

それでは今回はこの辺で失礼します!

スポンサーリンク