エンタメ

2019年新ドラマ『トレース~科捜研の男』が楽しみ過ぎる!錦戸亮の演技に注目!

2019年の1月7日から放送開始になる『トレース~科捜研の男~』がかなり期待出来そうな新ドラマだと言われています。

なぜならば、主演の錦戸亮だけでなく他のレギュラーメンバーも多彩な配役がされているからです!

放送が開始されたらどんな内容でどのような世界観になるかの予測が難しいぐらいです。

間違いなく毎週録画予約をすること間違いなしの『トレース~科捜研の男~』について紐解いていきましょう!!

まずは配役を見てみよう!そして気になるストーリは??

トレースはどんなメンバーで繰り広げられるのか?

主要キャストをご紹介!

このような配役になっている。

やはり注目なのは主演の錦戸亮さんと『SUITS/スーツ』でパラリーガルを演じていた旬な女優の新木優子さんかなと思いきや、ベテラン中のベテランである船越英一郎さんもそうですが、なんと月9ドラマ初出演の千原ジュニアさんでしょう。

これだけのメンバーが揃った状態で、いったいどのような世界観になるのか今から本当に楽しみです!

そしてストーリーに関してですが、タイトル通りに舞台は科学捜査研究所で、

過去に陰惨な過去を持った科学捜査研究員である真野礼二を錦戸亮さんが演じる内容です。

常に冷静で、鑑定結果のみを信じる超理論派の男が鑑定という武器を使って真実を見つけていくというストーリーなので、おそらく今までは誰も信じないで自分一人の考えで答えを導き出してきた男が、周りの共演者の影響を受けて様々な変化を楽しめるのかなと個人的には予想しています。

気になる原作や脚本は?完成度に大きく左右されるスタッフ陣は?

今回の作品は、漫画が原作になっていて『月刊コミックゼノン』にて連載中の『トレース~科捜研法医研究員の追想~』が原作になっているようですが、原作の内容は結構エグイ内容になっているようです。

それもそのはずで、実は原作者の古賀慶さんは実際に元科学捜査研究所の所員だったというから驚きです!

だからこそのリアリティある内容なんだなと納得しました。

そしてドラマの脚本は相沢友子さんとのことで、過去に世にも奇妙な物語や、やまとなでしこを手掛けてきた実力派なので、僕的にはとても期待しています。

演出を担当しているのが、松山博昭さんで代表作はライアーゲームや失恋ショコラティエ、信長協奏曲を手掛けてきた人なので演出に関しても期待出来そうですね!

注目の千原ジュニアさんの役柄は?まさかの関西弁封印?!

まさかの配役で、あのお笑い芸人の千原ジュニアさんが史上最年少警視庁刑事部長役で出演する!

今までテレビで観てきたジュニアさんのイメージとは正直かけ離れているので、どんな演技をするのかが個人的にとても興味あります!

台本を無視して独自のキャラを活かして演技をするかと思いきや、関西弁を封印して標準語でさらに七三分けのヘアスタイルで登場するらしく、これも一つの見どころなのかなと思ってます(笑)

本人もまさかの抜擢だったらしく、不安しかないとコメントをしているもよう。

こちらとしても『まさか』という感想しかありませんが、過去にも多数のドラマに出演しているジュニアさんなので、これはこれでしっかりと仕事をこなしくてくれると思います。

いやぁ、本当にこの新ドラマは見どころがたくさんあって今からすごく楽しみですね!

スポンサーリンク

ドラマの予習?あらすじはどうなってるの?

主人公である『真野礼二』は実は過去にトラウマになるような壮絶な経験をしています。

その壮絶な経験とは、小学生の時に家族全員を殺されてしまったという経験です。

しかも、その時の犯人は実の兄が両親と姉を殺害後に、自殺をしたという結末で解決とされているのです。

もちろん、礼二はそんな結果は信じておらず、絶対に真犯人が別にいると確信していたが、当時は何を言っても警察は一度出した答えを覆すことなく事件は闇に葬られてしまっているのです。

その時から主幹や憶測では何も答えを出すことは出来ない!決定的な証拠が必要なんだという気持ちが芽生えたんですね。

個人的な予想では、科学捜査研究員として優秀な礼二が色々な事件を鑑定という武器を使って解決し、話が進むにつれて礼二の家族を殺害した犯人を見つけていくというのがドラマの流れになるのかなと予想しています。

なぜなら当時の事件に関与していた人物達が、今回の作品に登場してくるからです!

当時、礼二の兄である義一はいじめにあっていて、そのリーダー的存在が実は壇浩輝であったり、そのいじめに巻き込まれていた姉の仁美はいじめグループに強姦されて妊娠までしていたと言うのだから驚きです。

ここまで聞いただけでも、ドラマの内容がどうなるのか予測が難しいというか、月9でドラマ化していいのか?とも思ってしまいます(笑)

とにかく、出演者や脚本、演出どれをとっても楽しみでしかない『トレース~科捜研の男~』は今から予習として原作の漫画を読み込んでもいいと思えるぐらい期待できそうですね!

月9新ドラマ『トレース~科捜研の男~』まとめ

ここまで色々と書いてきましたが、実は最近の僕はテレビをあまり観ていなかったんです(笑)

ですが、科捜研の男を色々調べていくうちにとても興味が出てきて、またテレビっ子だった時代に戻ってしまいそうです。

もちろんテレビっ子がダメというわけではないですけどね!

個人的な見解ですが、主演の錦戸さん含めて豪華俳優陣によって描かれる『トレース』は恐らく今まで観たこともないようなストーリになること間違いなしです。

原作をガッツリ読み込んではいませんが、本当にドラマ化してもいいの?と思える内容や、原作者が実際に元科学捜査研究員であったり、そしてダークホースの千原ジュニアさんの抜擢など、すでに『毎回観るしかないじゃん』と思うしかない期待値は久々だなと思ってます!

今から第一話が待ち遠しいですね!

スポンサーリンク