ミステリーネタ

地震の恐怖、東日本や熊本のような地震、次に速報が来るのはいつ?どこ?

いち誰もが恐れる自然災害である地震…次はいつどこに?!

最近また地震が多くなってきている気がしますが、やっぱり自然災害以上に怖いものはないですね…

以前簡単にですが、地震の話題に触れる記事を書いた事がありますが、最近の地震の多さから改めて次の地震の予言やら噂を色々と調べてみたので、改めて記事にしようと思います。

まずはこちらの画像をご覧下さい。

こちらの画像は気象庁の『震度データペース』によって

2017年1月1日から8月1日までの震度3以上の散布図です。

この画像から見て分かるように、東日本である茨城や福島、首都圏でも千葉、そしてまだ記憶に新しい熊本を含む九州地方でも未だに100回以上の地震が発生している状況です。

そして地震大国と呼ばれる由縁であり、三つのプレートの上に存在している事から太平洋側は特に危険視されている状況です。

以前の記事でも書きましたが、これらの地震の殆どはやはりと言うか…未だ傷の言えない熊本や東日本の余震が今でも続いているというのです。

これだけの地震が発生しているという事は、今後近いうちに今までの大震災と言われていた地震以上の揺れがいつ発生してもおかしくないというのですから、本当に気を許す暇がないという証拠ですよね。。

スポンサーリンク

数多くの噂がある首都直下型地震。

多くの著名人や、研究家の方達が、東日本や九州の次に発生するのは首都直下型地震だと言っていますが、実際はどうなんでしょう?

専門家でもない私にはハッキリした事は言えませんが、気象庁のデータや東京大学名誉教授の村井俊治氏も言っているように、伊豆を中心とした南関東が現在一番危険な地域だと言われています。

過去の大震災も実は予測されていて、実際に数多くの地震を的中している実績を持つ、地殻変動データによる地震予測でも、やはり南関東と東日本は最重要エリアとされているようですね…。

いったいいつになれば我々の心が休まる日がくるのでしょうか?

この日本に住み続ける限りはそんな日は一生来ないのかなとも考えてしまいますが、今私達に出来る事は本当に準備をしておくという事だけです。

実際に震災が起こったときに通信手段はマヒしますので、家族との再会の場所を事前に決めておいたり、災害グッズとして保存食や生活をするための道具を準備しておく。

災害時でも連絡が取れるようなシステムを各通信会社は用意していますが、携帯の電源が無ければ何も出来ないので、太陽光で充電が出来る充電器や手動で電気を発生させる充電器やら今では数多くの便利グッズがありますので必要だと思うものだけ準備しておくという事が必要ですね。

『備えあれば患いなし』

まさにその通りだなと思いますので、もし今何も準備をしていないのであれば是非準備をして下さい!

後から「やっておけば良かった…」なんて言っても遅いですし、逆に用意した物が無駄になってしまったとしても後悔するよりかはマシだと思いますので。。

↓最低限必要な物を探してみて下さい!↓
プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp

割と評判の良い防災グッズや速報サービスとは?

いざという時の為の『転ばぬ先の杖』には何を用意したらいいのでしょうか?

これも色々と調べて見ましたが…

まずは地震自体を教えてくれるサービスは便利ですね。

これが最新なのかな?と私が思ったサービスは『地震科学探査機構』と言うサービスなのですが、これは全国に1300点設置している電子基準点から衛星を使って地表の変動を測定して地震の前兆を検知し、その結果を毎週地震予報として教えてくれるサービスみたいです。

なんかもう未来にある話のようなサービスですね。

携帯アプリとして使用するようですが、月額380円程で安心を買えると考えて、安いと判断するか高いと判断するかはご自身で決めることかなとは思いますが、なんて言えばいいんですかね…もう、すげーなとしか言えないです(;^_^A

ちなみに、私は現在まだ検討中ですね(笑)

事前にいつ地震が来るのかを教えてもらっても、仕事を休むわけにはいきませんし、常に何かあったときの準備をしていればとりあえずはいいかな?という気持ちからです。

それよりも私がおススメしたいのは防災グッズです。

実体験をもとに必要だとされるものは…

◆携帯の充電器

家族との連絡手段にはやはり携帯電話が必須ですし、実際に震災時は電池式の充電器は電気屋から在庫がなくなるという事態も発生していますからね。

◆ブランケット

冬場は暖を取るための毛布代わりにもなる非常用寝具は余ることはないでしょう。

◆現金

これは震災時に銀行やコンビニでもお金がおろせなくなるのである程度の現金を用意しておくとかなり助かるとの事です。

◆懐中電灯

これは言わずもがなですが、大きな地震の後は電気も通らなくなる可能性が高いので、必須となりますが、ダイナモ式の懐中電灯でラジオも一緒に付いてるタイプが人気みたいですね。

◆簡易トイレ、生理用品(女性)、赤ちゃんがいる家庭ならオムツ

これも実際に必要だけど物資が足りなくなって困るものの代表格ですね、一緒にトイレットペーパー等も必要になりますのでセットで用意しておくと安心だと思います。

◆マスク

これは粉じん対策になるのでかさばる物でもないので一緒に用意しておきましょう。

◆その他

あとは小物として軍手や乾電池、ナイフやウエットティッシュなどなど…

あれば便利と言えるものを上げだしたらキリがないので、一番おすすめなのはやはり一式セットになっているリュックを家族分用意しておくのが手っ取り早いです。


災害のプロ?が考案したものが全部まとめて入っているので素人が考えた物より有効だと思います。

実際には必要なものと不要なものと細かくあるようなので、私はこういった物を家族分用意してあります。

それと、飲料水などは最初は絶対に必要ですが、大抵は三日程度の用意があれば大丈夫だと言われていますね。

今の日本で三日以上も物資の確保が出来なくなることは考えにくいからとの事です。

長々と書いてしまいましたが、今の日本の状況を考えると用意して損はないと思いますので、後悔しないように一つでも用意しておいた方が良いと思います!

それでは今回はこの辺で。

https://hdklife.com/archives/761

スポンサーリンク